そろそろ仮想通貨投資にも慣れてきたし、

 

資産も増えてきた。

 

取引所に仮想通貨を置いておくのも危険だし、

 

ハードウェアウォレットにしてみようかな?

 

 

と私も遅ればせながらハードウェアウォレットデビューです。

 

 

 

どんなハードウェアウォレットを選んだらいいのか?使い方は?を

 

徹底的にご紹介したいと思います!

 

ビットコインのハードウェアウォレットはどれがおすすめ?使い方など

ハードウェアウォレットって何?

まず、「ハードウェアウォレットとは?」

 

ですが、

 

ハードウェアウォレットとはオフラインで仮想通貨を保存します。

 

 

仮想通貨を保存しておくウォレットには、

 

・ホットウォレット

・コールドウォレット

 

があります。

 

 

先日コインチェック取引所からネム(XEM)が盗まれたのは、

 

コインチェックが顧客資産であるネムコインをホットウォレットに保管していたので、

 

ハッカーに盗まれたのではないか、と言われています。

 

(※基本的に取引所ビットフライヤーやビットバンクはコールドウォレットに保管しています)

 

ホットウォレットとは、ネットとオンラインでつながっており、セキュリティはかなり弱いですね。

 

 

一方コールドウォレットとは、

 

今回ご紹介するハードウェアウォレットやペーパーに保存し、

 

ネットとは切り離されたオフラインで保存するため、

 

ハッカーに一番盗まれにくい安全な保管方法です。

 

ただし、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットは

 

自己責任で管理するので、

 

しっかり取り扱いには注意しないといけません。

 

しかし、そんなに難しく考えず、

 

手順をきちんと守って保管すれば

 

そんなに怖がる必要はありません。

 

逆に取引所に大金を預けっぱなしにして、

 

今回のコインチェック事件のように自分の資産を失うよりマシです。

 

ハードウェアウォレットは正規店で買おう!

ハードウェアウォレットは必ず正規店で買いましょう。

 

amazonやebayでも若干安く売られていますが、

 

その中に不正が仕組まれていて、いざハードウェアウォレットを

 

使った途端に仮想通貨をすべて盗まれてしまった、という被害が出ています。

 

 

ウォレットというのは、仮想通貨そのものを保存するワケではありません。

 

「秘密鍵」のデータを保存し、使う時にそのデータを取り出すのですが、

 

秘密鍵そのものが仮想通貨の資産となります。

 

 

不正が仕組まれたハードウェアウォレットには、

 

PINコードがあらかじめ仕込んであったりと

 

あなたの仮想通貨を盗む細工が仕組まれていることがあります。

 

 

amazonやebayの転売でのハードウェアウォレットは

 

数千円安いことが多いのですが、

 

その数千円を節約して、仮想通貨資産をすべて盗まれてしまっては

 

元も子もないです。

 

ハードウェアウォレットは必ず正規店から購入し、

 

安全に資産を保管することを強くおすすめします。

 

ハードウェアウォレットの使い方~図解で解説!

では早速ハードウェアウォレットで今回はリップルを保存したいと思います。

 

 

私が購入したのは、

 

Ledger Nano S。

 

 

対象の仮想通貨は

・ビットコイン

・イーサリアム

・リップル

・ライトコイン

・ドージコイン

・DASH

・ビットコインキャッシュ

・KOMODO

・NEO

 

アプリケーションとしてはイーサリアムウォレットにも対応しています。

 

ICO案件の購入ですと、イーサリアムウォレットはよく使いますから、

 

Ledger Nano Sは対応コインの幅もひろくとても便利だと思い購入しました。

 

 

では、前置きが長くなりましたが、

 

Ledger Nano Sの実際の使い方を見ていきましょう。

 

Ledger Nano S初期設定方法

PINコードの設定

レジャーナノSの一番はじめの初期設定は、

 

PINコードの設定です。

 

付属のUSBケーブルで

 

レジャーナノSとパソコンをつなぐと、

 

Welcome⇒Press both buttons to beginと出てきますので

トレジャーナノSの上についているボタン二つを同時押しして次へと進みます。

 

上のボタン同時押しでYes、はいの意味です。

 

 

次にConfigure as new device?と出るので

 

右側の「✓」ボタンを押します。

 

 

次にPIN codeの設定を求められます。

 

 

推奨は8桁です。

 

0~9までの数字を左側のボタンか右側のボタンで選択していきます。

 

一つのPIN codeが決まったらボタンを両押しして決定し、

 

次の桁に移ります。

 

これで8桁を決定します。

 

8桁を決定すると、

 

再度決めたPIN codeの入力を求められるので

 

同じように入力します。

 

※PIN codeは誰にも知られないようにメモなどに保管しておきましょう。

 

リカバリーフレーズの設定

次にリカバリーフレーズの設定となります。

 

リカバリーフレーズは、自分の持っているハードウェアウォレットを守る

 

最も大事な単語です。

 

1~24個、ランダムな単語が出てきますので、

 

レジャーナノSに付属されている

 

My Recovvery phraseという紙が入っているので、

 

手書きで間違いのないように書き留めて

 

紛失しないように保管しておきます。

 

以下がリカバリーフレーズを書く紙ですね。

 

 

このリカバリーフレーズを失くしてしまうと、

 

最悪ハードウェアウォレットの中の仮想通貨資産を

 

失うことになりますので、紙はしっかり保管しましょう。

 

 

アプリをインストールして仮想通貨を保管へ

レジャーナノSの初期設定が終わったら

 

いよいよレジャーナノSに仮想通貨を入金し、保管していきます。

 

その前に、Ledger公式サイトからアプリをダウンロードして

 

レジャーナノSに仮想通貨を保管できる準備をします。

 

 

アプリをダウンロードするためには、

 

グーグルクロームを使います。

 

そして、Ledger公式サイトのアプリストアからアプリをダウンロードしてください。

 

 

https://www.ledgerwallet.com/apps/manager

 

ここでアプリをダウンロードできますから、

 

アプリをダウンロード後、

 

入金したい仮想通貨を選んでダウンロードします。

 

①クロームに追加をクリック

 

②この時にレジャーナノSをパソコンにつないでおくと、

 

レジャーナノSにも保管したいコインの絵が出てきます。

 

ここまでがレジャーナノSの大まかな使用方法です。

 

 

後日私が実際にリップルをレジャーナノSに送金してみたいと思います。

 

⇒リップルをレジャーナノSに送金してみた

 

ハードウェアウォレットで絶対注意したいこと!

いかがでしたでしょうか?

 

最初は設定することが多く感じるかもしれませんが、

 

一度設定してしまえば、

 

取引所に預けておいてハッカーに盗まれたらどうしよう?

 

 

という不安から解放されるのでおすすめです。

 

ただし、ハードウェアウォレットは自己責任で仮想通貨資産を保管しますので、

 

もう一度注意しておきたいことを記しておきます。

 

・amazonやebayなどの中古から購入しない。正規店で購入

 

・リカバリーフレーズは絶対に失くさない。最悪資産を失うことになる

 

 

これだけ注意しておけば、

 

安全にあなたの資産を保管できると思います^^