「仮想通貨のマイニング」って何でしょうか?

 

 

仮想通貨の投資で稼いでいくためには、

 

 

仮想通貨のある程度の基礎的知識が必要だと思います。

 

 

今回の記事ではよく聞く「マイニング」について解説したいと思います。

 

仮想通貨のマイニングとは?!

 

 

ビットコインのマイニング

マイニングを知るために、

 

ビットコインのマイニング方法で説明したいと思います。

 

ビットコインのマイニングが一番わかりやすいと思います。

 

 

ビットコインは、円やドルなどの法定通貨のように、

 

国や銀行が管理しない非中央集権化システムの通貨です。

 

 

いわゆる「みんなの通貨」であり、

 

セキュリティはビットコインを利用する

 

すべてのユーザーが監視し合っています。

 

 

ビットコインのセキュリティを守る方法のうちの一つがマイニングです。

 

ビットコインのマイニングは何か?というと、

 

超複雑な演算式をパソコンで解いて、正解すると、

 

マイニングを行った人はご褒美としてビットコインがもらえます。

 

 

マイニングが終了すると、ビットコインの決済が一つ完了し、

 

次の決済に進むようになっています。

 

 

マイニングが完了しないと、ビットコインの決済の承認が降りない仕組みになっています。

 

マイニングにより複雑な演算式を解き、

 

複雑な演算式を解くことにより、不正を防ぐシステムになっています。

 

マイニングの問題点

マイニングは、ビットコインで不正が行われないように、

 

とても複雑な演算式を解く必要があります。

 

高スペック機能なパソコンで膨大な電力を必要としながら

 

マイニング作業を進めていきます。

 

マイニングに参加するとビットコインの報酬がもらえる、

 

それなら私も参加したい!と思うかもしれませんが、

 

個人用のノートパソコンでは太刀打ちできないほどの

 

高度な処理が必要です。また消費電力も大きく、

 

マイニングで複雑な演算式を解く膨大な電気代のほうが、

 

報酬としてもらえる金額より高くついてしまいます。

 

 

そのため、現在のビットコインのマイニングは

 

企業が組織としてビットコインのマイニング作業を行うことが一般的になりました。

 

マイニング作業を行う所も、

 

日本のような電気代の高い所ではなく、

 

中国などの電気代の安い国が選ばれています。

 

 

このように、マイニング作業が個人ではなく組織に偏ることで、

 

【マイニング問題】が出てきました。

 

ビットコインは法定通貨とは違い、

 

世界中のみんなで運営していく平等な世界を目指しています。

 

 

しかし、マイニング作業は現在ではほぼ組織に任されるようになり、

 

マイニングを膨大に行っている企業が発言権を大きくしています。

 

 

すると、ビットコインは非中央集権型の公平な通貨であるのに、

 

マイニング組織が権力を持つ問題点が出てきてしまっています。

 

 

そのため、ビットコインは後日、ビットコインキャッシュなど、

 

ハードフォークして分裂することとなりました。

 

ネムで見るマイニング方法

2018年現在では仮想通貨の種類としては

 

およそ2000種類以上あるといわれています。

 

 

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言うのですが、

 

アルトコインのうちの一つネム(XEM)は、

 

誰でも簡単にマイニングをできるよう、

 

Proof of Importanceというシステムを採用しています。

 

ネムのマイニング作業はハーベストと言われ、

 

特に高スペックのパソコンも必要としません。

 

個人のノートパソコンで十分マイニングでき、

 

誰でも参加できる公平さを目指した仮想通貨になっています。

 

 

このように、仮想通貨にはマイニング作業が必要ですが、

 

マイニングといっても一つの方法だけではなく、

 

ビットコインのマイニングの問題点をカバーできるアルトコインも出てきています。

 

以上、マイニングについてでした^^