仮想通貨には興味があるけど、

 

大損するのも嫌だし、何となく踏み込めない…

 

今一歩投資に踏み切れない方もいるのではないでしょうか?

 

もちろん仮想通貨市場はボラリティが高いため、

 

何も知識がないまま何となく投資しても

 

損する可能性が高くなってしまいます。

 

 

では、どうすれば大損することなく

 

仮想通貨投資ができるのでしょうか?

 

仮想通貨投資で大損しないために

 

余剰資金以上に手を付けない

 

仮想通貨は投資事ですが、

 

投資事はあくまで「余剰資金範囲内で」投資するのが鉄則です。

 

 

投資で失敗するパターンは、

 

余剰資金以上に投資額を増やしてしまい、

 

生活資金や必要な預貯金まで手を付けてしまう人です。

 

 

生活資金まで投資に回してしまうと、

 

相場が下がるととても慌てます。

 

すると、余裕がない中での投資なので

 

感情的になり、損した分を回収しようと、

 

予定以上の金額をまた投資してしまいがちです。

 

 

こういったやり方は投資ではなくギャンブルに近い方法になってしまいますので、

 

仮想通貨も同じく余剰資金範囲内で

 

まずは利益を出し、

 

利益分をまた投資に回していくと資産が増えていきます。

 

狼狽売りしない

投資事の共通の考え方なんですが、

 

相場が下がってくると、「損したくない!」という感情になり、

 

慌ててすぐに仮想通貨を売却してしまう人が多いです。

 

 

これを狼狽売りといいます。

 

一方、ある仮想通貨が高騰し出すと、

 

すぐに「儲かりそうだから買う!」と

 

ただの雰囲気で買いに走る人もいます。

 

 

しかし、仮想通貨市場もだんだんとこれから機関投資家も参入してきますし、

 

大口の投資家もいます。

 

すると、プロは相場の操作を行うこともしばしばで、

 

単なる養分になってしまいます。

 

 

「悲鳴で買い、歓喜で売る」という投資の格言があります。

 

これは仮想通貨投資にも言えることで、

 

下がっていきそうだから売ろう、これから上がりそうだから買おう、

 

と何となくチャートの雰囲気で仮想通貨売買をすると

 

大抵損をします。

 

こういった自分の感情で損するパターンのままでは

 

投資事で稼ぐことはできません。

 

ではどうやって稼ぐか?

 

ですが、それはやはり自分の知識をつけることだと思います。

 

この記事の下に私が資産を倍々に増やした方法を

 

無料メルマガ内で公開していますから、

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

無駄な手数料は払わない

余分な手数料を仮想通貨投資の時に

 

払っていませんか?

 

例えば、取引所によってはスプレッドが広く、

 

手数料だけで3%~10%も取られてしまうこともあります。

 

 

売り手ユーザーと買い手ユーザーとが

 

直接やり取りできるのが「取引所」ですが、

 

購入したい仮想通貨が取引所で購入できるのなら、

 

取引板で購入したほうが断然お得です。

 

また、仮想通貨を購入するのにクレジットカード決済は避けたほうが無難です。

 

クレジットカード支払いの際の手数料は

以下に詳しくまとめましたが、

 

 

つまり、仮想通貨をクレジットカードで購入すると、

 

クレジットカードの手数料だけではなく

 

販売所であればスプレッドも支払うことになり、

 

手数料をクレジットカード会社・取引所と

 

二か所に支払うという目に遭ってしまいます。

 

仮想通貨を購入する時の支払い方法にも十分注意が必要です。

 

基本的に長期保有で

仮想通貨市場は価格の乱高下が激しいです。

 

一日のうちで値が30%も上下変動することもしばしば。

 

一時的に大きく値を下げると、

 

どうしても慌てて売却したくなりますが、

 

年単位の長期視点で見ると右肩上がりに値を上げていってます。

 

 

仮想通貨投資をはじめるなら、

 

・余剰資金範囲内で

 

・長期保有で

 

資産を増やすことをおすすめします。