仮想通貨と電子マネーって何が違うんでしょうか?

 

同じネット上でやり取りできるのであれば

 

どっちもおんなじじゃない?なんて思ってしまいますよね。

 

 

では、仮想通貨と電子マネーの違い、

 

それぞれの特徴や将来性について見ていきましょう。

 

仮想通貨と電子マネーって何が違うの?

電子マネーとは?

 

電子マネーとは、

 

SuicaやWAONカードが有名ですね。

 

日本円をカードにデポジットし、

 

現金代わりに使えます。

 

小銭を持たなくていいので便利ですね。

 

特に今はSuicaを使う人がほとんどなのではないでしょうか。

 

駅で切符を使っている人は東京ではほとんど見ません…

 

私は普段は車生活なのでたま~に電車を利用する時は

 

現金で切符を買ってますが、

 

誰も切符を使っていないので恥ずかしくなるぐらいです(笑)

 

と、いうことで電子マネーは円などの法定通貨を

 

カードに預け入れて使えることを言いますね。

 

仮想通貨とは?

 

仮想通貨は最近テレビCMや新聞でも取り上げられているので、

 

ビットコインなどの言葉を耳にした方も多いかもしれません。

 

今回はわかりやすいようにビットコインを例にしたいと思います。

 

ビットコインの特徴は、

 

ビットコインを持っているユーザー同士だけでやり取りができます。

 

 

円やドルなどの法定通貨は、

 

例えば国際送金するのであれば

 

間に銀行を介して送金する必要があります。

 

この場合、多くの時間と銀行に払う高額な手数料が必要です。

 

また、法定通貨は国や中央銀行が権力を握り、

 

その国が安定してれば通貨も安全ですが、

 

インフレや戦争などで紙幣が紙くずになることもあり得ます。

 

 

これらの法定通貨のデメリットをなくしたのがビットコインだと思えばいいです。

 

 

ビットコインはみんなの通貨として間に仲介を通さず

 

ユーザー間で取り引きできるため、

 

国際送金に法定通貨ほど時間も手数料もかかりません。

 

電子マネーは法定通貨をカードにデポジットとして使うもの、

 

仮想通貨は仮想通貨独自でやり取りできる新しい通貨。

 

性質がまったく違うということがわかると思います。

 

仮想通貨はまだ投機的な市場

仮想通貨市場が盛り上がってきたのが2017年。

 

1ビットコイン210万円まで高騰しました。

 

しかし、仮想通貨はまだまだ黎明期。

 

価格の乱高下が激しく、

 

投機的に利用されているのが現状です。

 

 

しかし、こうも言えます。

 

 

電子マネーに千円入れてもそれは千円にしかなりません。

 

しかし、仮想通貨はこれからの市場なので

 

千円投資して二千円になる可能性を秘めています。

 

 

この、

 

千円を千円のまま使うのか、

 

千円を二千円に増やすのか、

 

の考えを理解するだけで、資産がどんどん増えていくこともあります。

 

仮想通貨は2018年から

 

機関投資家も参入してくると言われ、

 

市場規模が大きく膨れる可能性もあります。

 

気になる方は少額投資からはじめてみることをおすすめします。