ちひろママちひろママ

あーこちゃん。
私、リップルがいくらかあるんだけど、
コインチェックでネムが盗まれた事件あったじゃない?
やっぱり取引所にそのままにしておくのが最近怖くなってて・・・


あーこあーこ

私も~
さすがにあんな事件があったら自分の資産を取引所に
そのまま、というわけにはいかなくなってきたね~


ちひろママちひろママ

やっぱり自分の大事な資産だしね・・
投資は自己責任というし。
でもリップルは取引所のほかにどうやって保管する方法があるの?


あーこあーこ

うん!最近リップルを保管できる
ハードウェアウォレットを私も買ったから、ぜひ参考にしてみて!

リップルハードウェアウォレットの選び方

 

リップルの保管はレジャーナノSが安心!

つい最近取引所のコインチェックからネムが

 

ハッカーにより580億円相当盗まれる事件がありました。

 

⇒コインチェック騒動ネム事件

 

コインチェックが顧客資産をホットウォレットに保管していたことは

 

取引所として資産管理としては大変な落ち度があると思います。

 

 

しかし、私たち個人投資家も、

 

取引所に自分の資産を預けっぱなしにするのではなく、

 

オンラインから切り離された

 

ハードウェアウォレットなどに保管し、自己責任で仮想投資するべきです。

 

 

そこで、私はリップルホルダーなので、

 

長期保有なのもあってリップルを保管できる

 

レジャーナノSを購入し、リップルを移すことにしました。

 

レジャーナノSの特徴

仮想通貨を保管するには

 

・webウォレット

・コールドウォレット

 

大きくわけて二種類があります。

 

webウォレットは取引所にそのまま預けておけるので、

 

取引きする際は楽ですが、セキュリティは弱いデメリットがあります。

 

コールドウォレットは、今回ご紹介するレジャーナノSのように、

 

USBのような物に自分の仮想通貨の秘密鍵のデータを移し保管します。

 

コールドウォレットはオフラインなのでハッカーに狙われる可能性が低いので

 

webウォレットより安全に仮想通貨を保管しておけます。

 

ただし、コールドウォレットであるハードウェアウォレットは物質なので

 

壊れたり紛失の恐れはあります。大事に保管しましょう。

 

 

リップルを保管できるハードウェアウォレットには

 

LedgerBlueやLedgerNanoSが代表的なんですが、

 

LedgerBlueは3万円以上します。

 

レジャーナノSは一万数千円ですが、特に機能も安全面も問題ないので

 

私はレジャーナノSでリップルを保管することにしました。

 

では、実際にリップルをレジャーナノSに保管してみようと思います。

 

リップルをレジャーナノSに送金(保管)してみた。

リップルをレジャーナノSに送金するためには、

 

まず、レジャーナノSの初期設定を済ませましょう。

 

以下の記事でレジャーナノSの初期設定方法を詳しく解説しています。参考にしてください。

 

⇒レジャーナノS初期設定方法こちら

 

レジャーナノSの初期設定を済ませたら

 

早速リップルを送金してみましょう。

 

レジャーナノSにリップルアプリをインストールする

レジャーナノSには最初ビットコインとイーサリアムの設定しかないので、

 

Ledger公式サイトからリップルのアプリをインストールする必要があります。

 

 

Ledger公式サイト

 

のAPPにリップルのLedger Wallet Rippleがありますからダウンロードしましょう。

 

 

アプリをダウンロードすると、レジャーナノSをつないでください

 

というメッセージが出ますので、レジャーナノSをパソコンにつなぎます

 


レジャーナノSにリップルのマークが出たらインストールの完了です。

 

リップルを選択すると、

 

デスクトップにレジャーナノSに入っているリップルの保有数が出てきます。

 

 

今はまだリップルを送金していないのでゼロの状態です。

 

では取引所からリップルを送金してみます。

 

ビットバンクからリップルを20XRP送金してみる

①ウォレットアプリリップルのアドレスをコピーする

 

赤枠に自分のレジャーナノSリップルの受金アドレスが表示されるので

 

コピーします。

 

②取引所からリップルを21XRP以上で送金

 

ビットバンクからレジャーナノSへリップルを21XRP送金しました。

 

③レジャーナノSにリップルが着金しているか確認

 

ものの数分でリップルが送られました。

 

 

これで取引所からレジャーナノSへのリップルの送金が完了しました。

 

 

※レジャーナノSなどのハードウォレットへ送金するときは、

 

少額でテストしてみましょう。

 

 

ハードウェアウォレットの扱いは難しそうに感じても、

 

数度送金すれば手順に慣れますし、

 

ハードウォレットに保管するととにかく安心できますね。

 

 

以上、リップルをレジャーナノSに送金する操作方法説明でした。

 

参考になりましたら幸いです。^^