今さら聞けないビットコイン。

 

ちょっと勉強してみようかな~と思っても、

 

横文字だらけ、専門用語で拒否反応がっ!

 

 

これだといくら知りたくても、見につきませんよね・・

 

 

ただ、ビットコインいわゆる仮想通貨市場というのは、

 

まだまだはじまったばかりの新しい市場です。

 

先に知るということは先行者利益で稼いでいけることでもあります。

 

 

今回はどこよりもわかりやすくビットコインを説明したいと思います。

 

ビットコインをどこよりもわかりやすく徹底的に解説します!

ビットコインはユーザー同士だけでやり取りできる

ビットコインはビットコインを持つ者同士でやり取りできるコインです。

 

ビットコインは世界のどこにいても、インターネットさえあれば

 

ビットコインのやり取りが可能です。

 

現代社会で世界中のほとんどの人が使っている法定通貨。(円やドルですね)

 

普段何気なく使っている法定通貨ですが、

 

例えば円を海外に送金するときは、間に銀行が入ってやり取りをします。

 

海外送金には、時間もかかるし、手数料も多くかかります。

 

発展途上国ではさらに膨大な手数料も取られることもありますし、

 

国同士の情勢で外貨のやり取りできない国もあります。

 

 

また、戦争や災害があると、一気にその通貨の価値が下がることがあります。

 

いわゆるインフレなどですね。

 

つまり、法定通貨は国が管理し、何かの事情で国が傾けば一気に法定通貨の資産価値は減ってしまいます。

 

 

海外送金における銀行の存在や、国の情勢により貨幣の価値が変わるのは

 

ある意味自国通貨を持つ人々にとっては平等ではありません。

 

 

そこで登場したのがビットコインです。

 

ビットコインは、

 

・世界のどこにいても誰とでもやり取りできる

 

・すぐに送金できる

 

・送金手数料はわずか

 

・国や銀行などという一つの場所に権利が集中しないコイン(非中央集権化という)

 

 

という性質があります。

 

ではどうしてビットコインがみんなのコインとしてやり取りができるようになったんでしょうか?

 

今までの電子マネーではできなかったんでしょうか?

 

そこには「ブロックチェーン」や「マイニング」に秘密がありました。

 

ブロックチェーンが最大の特徴

ビットコインに興味のある方なら、

 

「ブロックチェーン」という言葉を聞いたことがあると思います。

 

ビットコインが金融革命を起こしたのは、このブロックチェーンの存在が大きいです。

 

ではちょっと難しそうなブロックチェーンをわかりやすく説明したいと思います。

 

ビットコインのブロックチェーンとは?

 

ビットコインはブロックチェーンにセキュリティを守られています。

 

ビットコイン同士で取引きをすると台帳のようなものに取引き履歴がすべて記載されます。

 

これをブロックと言います。

 

一つのブロックにはいくつかの取引履歴を記載し、一定の容量になると次の新しいブロックを作ります。

 

ブロック同士はチェーンで結ばれていきます。

 

チェーンが結ばれていくとき、チェーンは一つのブロックと一対でしか結べないようにプログラミングされています。

 

この仕組みがハッカーなどに不正されない仕組みを可能にしています。

 

例えばハッカーがビットコインに不正を働こうとしても、

 

不正を働こうと思っても、ブロックチェーンは一番長いものを正当と認めているので、

 

ハッカーが一つのブロックを改ざんしようにも、

 

正当なブロックチェーンはものすごいスピードでどんどん作成されていきますから、

 

ハッカーが一番長いブロックチェーンを改ざんすることは不可能な仕組みになっています。

 

ブロックチェーンの何が画期的なの?

では、ブロックチェーンの何が画期的なんでしょうか?

 

今までにも電子マネーは存在していました。

 

Suicaなんかは電子マネーでは代表的ですね。

 

電子マネーは円などの法定通貨をチャージして使います。

 

でも、電子マネーは法定通貨に依存するだけで、

 

電子マネーそのものでは使うことはできません。

 

どうして電子マネーだけで使えなかったというと、

 

電子マネー決済ではその取引きが唯一無二の取引き決済だと証明することが今までできないでいました。

 

こんなにインターネットが普及し、

 

郵便のお手紙にかわりメールが普及しています。

 

メールの送受信は世界中のどこにいても、誰にでも瞬時に送受信が可能です。

 

 

しかし、ビジネスの根幹である決済は、というと

 

電子マネーのように、唯一無二の決済だと証明することができなかったので、

 

アナログ的な銀行を介しての海外送金などでしかやり取りできないでいたのです。

 

 

しかし、ビットコインのブロックチェーンの誕生により、

 

少額決済についても、唯一無二の取引きだということを証明することが

 

可能になったため、ビットコイン・仮想通貨が金融革命と言われるまでに世間を賑わせることになりました。

マイニングでさらにセキュリティを高める

次に特徴的なのが「マイニング」です。

 

ビットコインは誰も管理していません。みんなで管理・監視しています。

 

先ほどブロックチェーンで取引台帳を作っている、とお話ししましたが、

 

ビットコインが世界で使われれば使われるほど、膨大なデータが日々増えていきます。

 

 

また、もともと保存されている取引き履歴と新たに取引きのあった履歴、

 

この二つの整合性を承認する必要があります。

 

これには膨大で複雑な計算が必要で、そのためビットコインではユーザーそれぞれのCPUの空きを借りて

 

この整合性を承認する作業を行う有志をいつでも募集しています。

 

マイニングに成功すると、マイニングした人にはご褒美として新たに発行されたビットコインが与えられます。

 

このマイニング作業がビットコインの安全性を保っているのです。

ビットコインの問題

 

実はビットコインには、少し問題が出てきました。

 

数年前まではマイニングは個人でもできて非常に平等なコインだったんですが、

 

マイニングに成功するとビットコインがご褒美としてもらえますね?

 

ということで、より電気代の安い、大規模な方法でマイニングをする組織が現れはじめました。

 

今ではビットコインのマイニングは個人ではなかなか難しいとお話ししましたが、

 

大規模な組織がマイニングをはじめると、

 

大きな権力がその組織につくようになりました。

 

非中央集権化しないコインだから平等だったのに、

 

一つの大きな組織に権力が傾くのは平等ではない!

 

ということで、ビットコイン開発者やユーザーの間でもめるようになったのです。

 

 

また、同時にビットコインの処理速度問題が起きてきました。

 

ビットコインが世界中で使われ出すと、その分取引き速度が遅くなってきていて、

 

・手数料が安い

 

・送金スピードが早い

 

 

というビットコインのメリットが薄れてきたのです。

 

ビットコインの処理速度が遅くなる問題を

 

ビットコインのスケーラビリティ問題といいます。

 

ビットコインのスケーラビリティ問題をとてもかんたんに言いますと、

 

ビットコインのブロックチェーンのブロックはあらかじめ容量が1MBと決まっています。

 

これからさらにビットコインで決済が増えると

 

ビットコインの取引きスピードはさらに遅くなることが懸念されています。

 

これがビットコインのスケーラビリティ問題です。

 

 

ビットコインはマイニングでの権力が傾く問題や、

 

スケーラビリティ問題を抱えて最近ではハードフォーク(分裂)も行われています。

 

ビットコインから分裂したコインにはすでに数種類ありますが、

 

中でも一番有名なのがビットキャッシュです。

 

 

ビットキャッシュがビットコインの代わりとなり、

 

仮想通貨における主軸通貨になるだろう、と考えている人さえいます。

 

ビットコインがこれから、抱える問題をきちんと解決していけるのか?

 

は値に大きな影響を与えますし、仮想通貨業界ではみな見守っている状況です。

 

以上、ざっくりとビットコインの説明をしました。

 

参考になりましたら幸いです。^^