よく聞くビットコインとイーサリアム。

 

この仮想通貨は何が違うのでしょうか?

 

ビットコインとイーサリアムのそれぞれの特徴や違いを比較してみます。

 

ビットコインとイーサリアムの違いを徹底比較!

 

そもそもビットコインが元祖仮想通貨

仮想通貨を理解する上で、

 

ビットコインの仕組みを理解することは最低限必要です。

 

なぜなら仮想通貨自体がビットコインからはじまっているからです。

 

ビットコインが仮想通貨の生みの親なんですね。

 

そしてビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。

 

基本的にアルトコインはビットコインの機能を向上させた

 

高機能を持つコインや、仮想通貨としてどんな役割りがあるのか?

 

で仮想通貨としての価値が決まっていきます。

 

では、まずはビットコインの特徴を見ていきましょう。

 

ビットコインの特徴

ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトという人物が

 

論文を発表し、世界のプログラマーが有志で開発をはじめたのが誕生したきっかけです。

 

今では数多くある仮想通貨ですが、基本的にはビットコインの仕組みを基に開発されています。

 

 

ビットコインの画期的なシステムとは

 

・ビットコインを持つユーザーのみで通貨交換ができる(銀行や国の仲介がいらない)

・かんたんには改ざんできないブロックチェーン

 

特にブロックチェーンが画期的で、

 

今までは特に少額決済では、銀行を仲介しないと

決済の証明ができないでいたものを、

 

ブロックチェーンにより可能にすることができました。

 

ブロックチェーンを理解すると、仮想通貨のことがよくわかるようになります。

 

以下の記事が詳しいですからぜひチェックしてください

↓  ↓  ↓

 

 

イーサリアムの特徴

次にイーサリアム。

 

ビットコインはユーザー間でのみやり取りできる通貨として生まれましたが

 

ある意味それだけの役割りしか持っていません。

 

しかし、イーサリアムは「スマートコントラクト」をいう仕組みで

 

通貨のやり取りだけでなく、

 

すべての契約をイーサリアムを使って可能にしました。

 

イーサリアムを使えば、

 

煩雑な書類のやり取り、契約を遂行する人件費、など

 

時間も経費もすべてカットできます。

 

このスマートコントラクトは世界中の企業に注目されていて、

すでに各企業がイーサリアムを使った自社商品の開発も進められています。

 

イーサリアムの企業連合はとても有名です。

 

日本ではトヨタや三菱東京銀行UFJ銀行も名を連ねています。

 

こういったことを鑑みても、

 

イーサリアムの将来性はかなり期待されています。

↓  ↓  ↓

⇒イーサリアムどこまで上がる?将来性は?

 

ビットコインの問題

ビットコインから生まれた仮想通貨ではありますが、

 

ビットコインには問題も含みます。

 

2017年はビットコインの分裂問題でかなり揉めていました。

 

ビットコインが世間に認知するにつれ、

 

送金に時間がかかったり、マイニング作業が巨大組織にのみに偏ったり・・・

 

 

ビットコインの当初の思想とは、

 

「みんなの平等な通貨」という概念の元生み出されました。

 

しかし、利益を求めてマイニング作業はもはや個人では無理で、

 

資金力のある組織が独占しています。

 

 

するとどうしても権力がその組織に偏ってしまうため、

 

ビットコインが分裂することになりました。

 

これをビットコインのハードフォークといいます。

 

これからもビットコインを見守る必要はありますが、

 

専門家の間ではビットコインはいずれなくなるだろう、という意見もありますし、

 

いや、ビットコインは2018年末には1BTC=500万円はくだらない、とする意見もあります。

 

 

投資する際はその仮想通貨の特徴や仕組みを理解し、

 

将来性のあるコインに少額投資からはじめるのが鉄則です。