何かと世間をにぎわせているビットコイン。

 

 

でも今まで電子マネーもあったのに、

 

ビットコインと電子マネーって何が違うの?

 

今回は仮想通貨初心者でもわかりやすいように、

 

ビットコインと電子マネーの違いをわかりやすく解説しようと思います。

 

ビットコインと電子マネーは何が違う?!

電子マネーは単なる箱!?

 

電子マネーというと何を思い浮かべますか?

 

 

電子マネーは有名なものですと、

 

SuicaやWAONカードなどがありますね。

 

機械にカードをピっ!すると指定した金額をチャージして使うことができます。

 

 

しかし、ただそれだけです。

 

電子マネーは法定通貨(円やドルなど)をカードにチャージして

 

チャージした分だけお金の代わりに使えます。

 

 

つまり、円などのお金以上でもなければそれ以下でもないワケです。

 

ビットコインの特徴

 

では次にビットコインの特徴をかんたんに見ていきましょう。

 

ビットコインは数年前に突如として金融市場に現れました。

 

 

ビットコインの特徴としては、

 

・ビットコインを持つユーザー同士でやり取りできる(銀行や国の仲介を必要としない)

 

・ブロックチェーンという技術でかんたんに改ざんできない強固なセキュリティ

 

※ブロックチェーンは今後金融だけでなく様々な分野に応用できる画期的なシステムです

ブロックチェーンを知ると、ビットコインのほとんどを知ることができます

↓  ↓  ↓

⇒ブロックチェーンの仕組みを初心者でもわかりやすく!

今まで世界中のほとんどの人々が使っていたのが、

 

法定通貨です。

 

しかし、法定通貨は海外送金時に多額の手数料を取られたり、

 

住んでいる国によってはハイパーインフレがおきたり、

 

通貨の価値がその国の情勢により変動したりと

 

銀行や国が絶対的な権限を持っていました。

 

私たちの資産であるにもかかわらず・・・

 

 

今まで実は私たちというのは法定通貨で不便さを強いられてきた、

 

と言っても過言ではありません。

 

では、どうして今まで法定通貨を使わざるを得なかったんでしょうか?

 

法定通貨だってある意味仮想

電子マネーも円をチャージしている過ぎませんので、

 

ある意味法定通貨とその意味はおんなじです。

 

 

「円」と聞くとあなたはお金そのものだと思いますよね?

 

 

これは正解であり不正解と言えます。

 

円やドルなどの法定通貨は、いまでは絶対的なこれからも価値の変わらないお金そのもののように

 

思えますが、大昔から考えるとそうではありません。

 

紙幣が出てきた頃、まだ世界の人々には浸透していませんでしたから、

 

紙幣と金は同じぐらいの価値である、と各国が定めて

 

人々が安心して法定通貨を流通させた経緯があります。

 

これがいわゆる「金本位制」といいます。

 

 

つまり、今価値のあると思って信じて疑わない円やドルは

 

あくまで国がこのぐらいの価値がありますよ~と保証しているに過ぎないのです。

 

未来永劫円がずっと今の価値のままでいられるのかなんて誰にもわからないのです。

 

ビットコインの誕生

そんな中、ビットコインという新しい通貨が生まれました。

 

まだ発展途上の通貨ではありますが、どうしてこんなにもてはやされているのか?

 

をほんのさわりだけ紹介しておこうと思います。

 

 

まず、どうして今まで法定通貨に変わる通貨が存在しなかったのか?ですが、

 

 

特にビジネスの基本である「決済」については、

 

その取引が【唯一無二の取引きである】という証明ができないでいました。

 

 

例えば電子マネーを電子マネー同士で決済させようとしても、

 

その決済がたった一度限りの決済だという証明ができなければ

 

不正しまくれちゃうのです。

 

つまり、電子マネーの信頼性がなく、その価値を保てません。

 

なので、いままで少額決済、海外送金といえば

 

手数料のバカ高いクレジットカードを使い、

 

海外送金では何日もかけて高い手数料を銀行に払うしかありませんでした・・・

 

 

しかし、ビットコインはブロックチェーンにより、

 

決済取引きを唯一無二の取引きだと証明することに成功しました。

 

ビットコイン手数料が安く、送金スピードも速いため、

 

既存の法定通貨決済を上回る通貨として世界から注目されているのです。

 

 

また、ブロックチェーンは金融分野のみでなく

 

契約などのさまざまなビジネスで応用でき、

 

ブロックチェーンにより人件費も削れて、仕事のスピードも

 

各段に早まることができ、

 

これらの理由からビットコインは「金融大革命」と言われているのです。