最近よく耳にする「デジタル通貨」。

 

デジタル通貨とは何でしょうか?

 

今までの電子マネーとは何が違うのでしょうか?

デジタル通貨とは?電子マネーとは違うの?

 

 

デジタル通貨とは?

デジタル通貨とは、既存の貨幣通貨や電子マネーとは違います。

 

既存の貨幣通貨、つまり

 

円やドルなどは国に依存します。

 

円やドルは国や中央銀行などが権利を握っており、

 

各国の経済状況に左右されます。

 

デジタル通貨とは、代表例としてビットコインがあり、

 

ビットコインは国や中央銀行に依存しません。

 

管理者がいないことが特徴です。

 

 

ビットコインは関わっているすべてのユーザーが管理していきます。

 

ビットコインが世に出た頃は仮想通貨コミュニティ内のみの通貨だったものが、

 

今や世界中のみんなが利用することとなり、その価値も高騰しています。

 

 

ビットコインすなわち仮想通貨が世界中から注目されている理由は、

 

ブロックチェーンという仕組みでセキュリティが守られるということ、

 

セキュリティが守られていれば国に管理される必要もなく

 

手数料も格安で済み、またデジタル通貨のため送金にも時間がかかりません。

 

ブロックチェーンを理解すると、デジタル通貨(ビットコイン)の理解がより深まります。

 

ブロックチェーンについては以下の記事で詳しくまとめています。

↓  ↓  ↓

⇒仮想通貨の仕組みビットコインの仕組みとは?

 

電子マネーとの違い

デジタル通貨と電子マネーって何が違うの?

 

と、思う人もいるかもしれません。

 

 

まず、電子マネーはあくまでも既存の法定通貨に依存したものです。

 

 

例えばイオンで使えるワオンカード。

 

ワオンカードは円をチャージすることで日本円の代わりにワオンカードが使えることになります。

 

 

つまり、電子マネーの中身は単なる法定通貨です。

 

では、デジタル通貨(ビットコイン)は電子マネーより何が優れているのか?

 

 

というと、

 

・わずかな手数料で

 

・すぐに送金ができる

 

 

ということです。

 

いい例が海外送金なんですが、日本から海外に送金するときは、

 

法定通貨だと多額の手数料もかかりますし、

 

海外送金には数日を要します。

 

こんなにインターネットの発達した時代なのに、

 

どうして海外送金だけに関しては遅れていたかというと、

 

海外送金する際のセキュリティが確保できていなかったため、

 

他に方法が見当たらず、多額の手数料と数日の時間をかけて海外送金していました。

 

これは間に銀行を挟むことにより海外送金ができます。

 

 

ようは銀行に依存している、ということですね。

 

かんたんに言うと、手数料は銀行が決められるし、ほかに海外送金の方法がなければ

 

送金に数日かかっても誰も文句は言えなかったのです。

 

 

しかし、ビットコインをはじめとするデジタル通貨は、

 

ブロックチェーン技術により、海外でも世界中のどこでも

 

ビットコイン同士でやり取りできるようになりましたから、

 

電子マネーも法定通貨も、ひいては国や銀行に依存することなく

 

デジタル通貨同士でいつでもどこででもやり取りができるようになったのです。

 

 

これからデジタル通貨はさらに進化していくと思われます。

 

今後の進化に目が離せないですね。